シェード

シェード(ローマンシェード)

インテリアのカーテンの中で、機械を使って制作されるシェードというスタイルカーテンがあります。

このシェードとは、正式にはローマンシェードと呼ばれ、機械(メカ)を使って生地を上下に移動させて開閉ができる商品のことを言います。 またシェードにもいろいろな種類があり、代表的なのがプレーンシェードになります。その他のカーテンシェードは、このプレーンシェードを基準としてその他のデザインを施したものと考えて頂ければ分かりやすいと思います。

操作方法にもコード式とドラム式があり、コード式は単純な紐で上下するメカニズムで、ドラム式はボールチェーンで扱える中型用メカニズムです。

ローマンシェードの特徴

カーテンのように生地でヒダを取っていないので、すっきりしたスタイル。

生地と機械を使って作られている。

開閉は上げ下げなので、カーテンのように窓の横に生地がたまらずスッキリ。

ローマンシェードの種類

プレーンシェード

シャープシェード

ダブルシェード(ツインシェード)

バルーンシェード など

プレーンシェード

シャープシェード

ダブルシェード(ツインシェード)

バルーンシェード

まずはお気軽にご連絡ください。

カーテン工房きんき

Tel.0120-34-6877
Fax.0774-22-0556

営業時間 10:00 - 17:30 

休業日:木曜、GW、夏季(お盆)休暇、年末年始

Webからのお問い合わせ >

お問い合わせ、ご相談、無料出張採寸のご依頼はこちらから

Facebook